部品の交換だけで済む水のトラブルも後々困ることになる

■日頃の点検が大切

水のトラブルはいつ発生するか分からないものです。そしていざトラブルとなれば、日常生活が根本からストップしてしまうほど困るものでもあります。そうならないためには、日頃から点検をしておけばいいのですが、忙しくなかなかできないという人もいるでしょう。
水のトラブルの具体例としては、まずは水漏れがあります。お風呂の蛇口や洗面台の排水管などから知らない間に水が染み出しているのです。またキッチンやトイレの水が流れにくくなっている場合は、つまりが考えられます。
こういったトラブルは、なんとなくおかしいと感づいてはいるものの、水が流れるのであれば放置してしまう人もいるでしょう。しかしトラブルが発生する恐れは確実に大きくなっているのです。少しでも異常を察したら、まずは自分で点検してみるといいでしょう。意外と簡単な作業や部品の交換のみで済むようなものもあるのです。

■トラブルは一ヶ所だけでない

水道設備自体には耐久年数というものがあります。これを越えると水のトラブルにつながる恐れが出てくるのです。大体、築年数が設備の耐久年数以上の建物で設備交換をしていないのであれば、いつトラブルが起きるか分からない状態であると認識しておきましょう。
いつもよりも水道代が高いときは、どこからか水漏れを起こしていることがあります。水漏れの原因はほとんどの場合、給水管のパッキンの劣化です。これを交換すれば水漏れは止まります。ただ、困るのはトラブルはその箇所だけではないということです。
水漏れ箇所を発見して、パッキンを自分で交換し、とりあえず水漏れが止まったとしましょう。しかし、前述の通り10年以上経つ設備は劣化が進んでいます。つまり、さまざまな場所にトラブルが迫っている状態なのです。

■事前に修理業者を見つけておく
水漏れやつまりを発見した場合、まずは止水栓を締めて、給水をストップします。その後、修理となるのですが、パッキンの交換などは自分でできる範囲です。トラブルが起きた際に、できれば全体的な点検を行うほうがいいのです。
水のトラブルは、修理業者に依頼するのが最も安心な方法です。トラブルの箇所の修理だけでなく、他の箇所の点検もお願いできるためです。もちろん自分でもできることはあるのですが、やはりここは業者に任せるほうが確実でしょう。
水のトラブルは困るものです。いざというときにすぐに対応できるよう、信頼できる修理業者を見つけておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ