困ることがなくなる!賃貸の水のトラブルへの対処法

■最初にすべきことは?

賃貸の物件に住んでいて水のトラブルが起きたときには、真っ先に業者を呼ぶことを考えてしまうこともあるでしょう。持ち家であればすぐに業者を呼ぶというのが適切な対応ですが、賃貸物件の水のトラブルの困るところが対処法の手順です。もしも家の中で異変が起きたら、まずは大家さんか管理会社に連絡します。管理会社が修理業者を手配するので業者が到着するのを待てば良いでしょう。もしくは大家さんに連絡することで修理業者を手配してもらうこともできます。症状が続くと生活に支障が出たり困ることになるので、症状の程度によっては連絡を入れたときに急ぎ対処してほしいことを伝えておくようにしましょう。

■費用はどっちもち?

家が自分の持ち家だった場合は、自分の家の修理費用は自分で払わなければいけません。しかし自分が所有している家ではない場合は判断に困ることもあります。水のトラブルにおいて、修理にかかる費用の支払い義務は賃貸の場合だと自分だけのものではありません。水のトラブルの原因が自分の過失によって起きたものなのか、設備が劣化したことによって起きたものなのかによってどちらが支払うのか決まります。もしもトラブルの原因が自分にあったことが予め分かっている場合は、自分が支払わなければいけないのを理解しておくと修理後に困ることもありません。賃貸に住むことになったらこの基準を知っておきましょう。トラブルが起こった時も、費用の支払いに関する判断がしやすくなります。

■住民との対処法
マンションやアパートなどの賃貸の物件に住んでいると、自分の周囲にも住んでいる人が居ます。そのため周囲の部屋まで水のトラブルによる被害が広がってしまうことも考えられます。そういう状況になると自分のことだけではなくなるので、ちょっと困る事態になってしまいます。水のトラブルの原因が自分の過失であれば、自分の部屋と被害を受けた部屋の修理費まで自分が出さなければいけません。被害が酷いとかなりの金額になってしまう可能性もあるので、支払い義務が発生すると精神的にも経済的にもに困ることになります。
賃貸物件に入居する際には、契約で個人賠償責任保険という保険が存在しており、それに入っている状態であれば水のトラブルが起こった際に他の部屋の住人に対する補償をしてもらうことができます。賃貸物件に住む際にはそういったこともチェックして、いざという時に備えて保険への加入を検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ