水のトラブルで困る隣人問題

■集合住宅で水のトラブルがおきたとき

戸建てだけでなくマンションやアパートのような集合住宅でも水のトラブルは起こります。戸建てと違って困るのは、隣人がいることです。自分の部屋でもしもトラブルが起これば、隣人の部屋に被害が広がる可能性があります。逆も同じで、隣人の部屋で起こったトラブルの被害が自分の部屋に広がることも珍しくありません。
そのため、万が一に備えてトラブルが起きたときの対応の仕方を覚えておくことをおすすめします。一番最初にやるべきことは、これ以上被害が広がらないようにするための応急処置です。じわじわと滲む程度なら心配はないかもしれませんが、目に見えてジャバジャバと漏れているようなら早急に対応しなければ被害が拡大していきます。
そのためにも、まずは止水栓を閉めることを覚えておいてください。水が流れる元の栓を止めることで被害を食い止めることができます。

■建物の管理をする会社に連絡を入れる

隣人に被害を与えないためにも、隣人から被害を受けたときも同様に、水のトラブルが起きたときは早めに建物を管理する会社に連絡を入れてください。場合によって管理会社が水道修理業者を手配することもありますし、建物の入居者に連絡を入れるなどの対応もしてくれます。建物の老朽化によって水のトラブルが起きた場合、修理にかかった費用は管理側が負担するため心配はいりません。
困る状況を少しでも早く解消するために、これら一連の流れは覚えておくと役立ちます。そのためにも、管理会社の連絡先は控えておくことをおすすめします。

■保険の内容もチェックしておこう
水のトラブルで困るのはお金のこともあります。隣人へ被害を与えてしまったとき、状況によって被害が大きければ、それだけ修理費などのお金がかかります。集合住宅の場合は火災保険に加入しているはずですから、必ず管理会社へ保険の内容も確認してください。火災保険に借家人賠償責任保険や個人賠償責任特約が付帯されていれば保証の対象となります。賃貸人が賠償しなければならない責任が生じたときに適用される範囲がどの程度なのか、その補償内容によって異なるので必ず確認をしておいてください。
今はまだとくにトラブルが起きてないという場合でも、目の前でトラブルが起こると冷静に行動できないものですから、今のうちに管理会社の連絡先と一緒に火災保険の補償内容にも目を通しておきましょう。
一連の流れとして、先に応急処置を施す、そのあと管理会社に連絡を入れる、場合によって水道業者へ連絡を入れる、最後に保険の内容を確認する、以上を覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ