水のトラブルで困るのは物件被害や健康被害

■一戸建て住宅は天井や床に注意

水のトラブルは水漏れや詰まりで一時的に水が使えなくなるだけでなく、そのままにしておくと建物全体が劣化していくという非常に困る事態になります。悪化すると増改築工事が必要になることがあります。一戸建て住宅の水のトラブルは平屋の場合は床や壁沿いに、二階建て以上の場合は階のつなぎ目の天井や床から被害が広がります。天井に被害が出るとシミができたり、壁紙が劣化したりして住まい全体の品質が低下してしまうので、早めに対処することが必要です。
特に畳がある和室の天井から水が漏れ出すと、畳にも被害が広がり、カビ臭い状態になります。床の素材に使用されているのは木材が大半で、通常は乾燥しているので問題ないですが、水のトラブルで浸水が進むと床の木材が腐り、進行すると床が抜け落ちる場合もあります。住居の基礎部分にまで影響が及び、家自体の老朽化が進行してしまいます。

■共同住宅はフローリングやエレベーターに注意

マンションやアパートなどの共同住宅はコンクリート構造の建物が多いので、一戸建ての木造の建物に比べて水のトラブルのリスクが少ないように思いがちです。しかし、コンクリート構造の建物でも劣化によるひびや隙間から、水漏れの被害が起きる場合があります。マンションやアパートで注意が必要な場所は、部屋のフローリングと共同部分のエレベーターです。
水漏れでフローリングが変色すると張替え工事が必要になり、湿った箇所に虫やゴキブリなどが発生することがあり、不衛生な困る事態になります。共同部分のエレベーターで浸水が起きると、故障の原因になります。エレベーターが故障すると事故のリスクが高まるため、常に点検するなどメンテナンスに気を配ることが必要です。建物の断熱材を通って水が漏れ出す事例や、敷地内に設置している水道が水漏れする事例もあります。

■水のトラブルで健康被害や漏電被害に進行
水漏れや浸水など水のトラブルは建物の被害や虫害に留まらず、健康被害に進行するケースがあります。床下に発生したカビや湿った塵・ホコリにより、アレルギー性鼻炎やぜんそく、気管支炎などアレルギー疾患や呼吸器疾患を招く恐れがあります。また、天井や洗濯機から水が滴り、コンセントやプラグに浸みこむことでブレーカーがダウンしたり、漏電したりしてしまう場合もあります。
電化製品の故障に繋がるだけでなく、漏電によって火災が発生してしまう恐れもあるので大変危険です。漏電を知らずに火災が発生してしまうと、隣近所に被害を与えてしまい、困ることになります。水漏れなどの水のトラブルは見えない場所で進行するリスクがあるため、定期的に点検やメンテナンスを行うことがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ