水のトラブルで困る隣人にまで被害を出すケース

■集合住宅での水漏れ

水のトラブルは、困ることに自分のところだけで被害が収まるとは限りません。隣人トラブルに発展するケースもあり、大きな問題どころか、損害賠償請求を受けるケースも出てきます。
被害額が大きくなるのは、集合住宅で水漏れを起こすケースです。この場合、下の階に被害が広がっていきますが、構造によっては真下の住人だけではなく、その左右にも被害が広がる場合があります。玄関から外に流れ出し、被害範囲がさらに大きくなるといった例もあり、早急に対処しなければいけません。
怖いのは、自分たちが留守のときに水のトラブルが起きるケースです。すぐに対処できずに、被害が広がってから対応することになります。火災保険の中には、特約で対応できるものもあるため、いざというときのために契約しておくのも大切です。

■水道配管からの水漏れ

隣人に影響を与える水のトラブルとして、水道配管から漏れだしていくケースもあります。水道配管が知らず知らずのうちにトラブルを起こして水が流れだしていると、さまざまな被害が出てきます。自宅の水道代がかかるというのは大きな被害ですが、これは自分だけで済む問題です。
しかし地中に埋まっている水道の給水管から大量に水が漏れているといった場合、給水管の周囲の土を押し流してしまっている可能性があります。これに気付かないままでいるとやがて大きな空洞ができてしまい、突然地盤沈下するような事態も招きかねません。このようになってしまえば周辺住民へも影響を与える可能性があるため、困る状況になる前に対処していく必要があるでしょう。

■害虫の被害拡大
水漏れなど水のトラブルが、間接的に影響を与える場合があります。排水管の水漏れなどに長期間気がつかず、シロアリなどの害虫被害を生み出すと深刻です。家の構造的に大きな問題が出てから判明する場合もありますが、害虫駆除には大変費用がかかります。状態によっては、家に住めないほどに広がるケースもあります。そして、自分たちだけでは済まない状況を生み出してしまう可能性があります。
困ることに害虫はどこから来るのか、はっきりと目印があるわけではありません。しかし、水漏れなどによって自分のところが害虫の被害を受けている状況が続けば、それが隣人に拡大する可能性も出てきます。早めに見つけ対応していれば迷惑をかける状況にまでなることは少ないため、なにかわずかでも水回りの設備に異変を感じたときには、すぐに点検を考えていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ