水のトラブルで困る時期は冬と夏

■もっとも水のトラブルが多いのは冬

一年を通じて水のトラブルが発生するリスクはありますが、もっとも多い季節は冬です。水の使用量は多くない季節ですが、寒さのために水道管が凍結するトラブルが多くなります。特に降雪量が多く冬の時期が長く続く地域では、水道管が凍ってしまい、水道が使えなくなる水のトラブルは頻繁に発生します。洗顔や炊事ができなくなって困るだけでなく、トイレの排水もできなくなります。
そのままの状態では悪臭が発生し、生活環境が悪化し、暮らしに支障が出ます。水道管は一旦凍結してしまうと、家の水回りのすべての場所で水が使えなくなってしまいます。さらに怖いのが凍結による破裂で、水道管が破裂すると多額の修理費用がかかり、生活に困る状態が長く続くことになります。屋外に水道管がある場合は冬場の凍結に注意してください。

■夏は冬の次に水のトラブルが多い

夏は暑さで水の使用量が増えることもあり、生活排水が増えることからキッチンの排水管や浴室の排水口などで詰まりが発生しやすくなります。また、水道管の経年劣化により、状態によっては給水管が詰まりを起こすリスクも高まります。急に水が流れなくなったり、水圧が下がって水の出が悪くなったりという水のトラブルが発生し、業者に依頼するケースが出てきます。
多少でも水の出が悪い、水圧が下がっていると思ったときは、水道管が詰まっていることが考えられます。対処が遅れると水漏れ被害にまで拡大し、対応に困る恐れがあります。排水管の詰まりは水の流れが悪くなり、排水口に水が溜まるなどするため、見分けやすいですが、給水管の詰まりは見極めが難しいです。また、夏は水温が高くなるため、サビが発生しやすく、水道管が傷つき破損するリスクもあります。

■冬と夏の水のトラブルを防止するために
冬の水のトラブルを防止するには、水道管が凍結するタイミングを逃さずに対応することです。雪が降り始めて2日目から凍結する恐れがあり、特に雪が積もると凍結するリスクが高まります。雪が降り出したら気温が下がる夜間に蛇口を開き、水を少しずつ流しておくことです。水道代は多少かかりますが、水道管内を水が流れ続ければ凍結を予防できるので、水が使えなくて困る事態を防ぐことができます。
対応が間に合わずに凍結してしまったときは自然に解凍するのを待つ、または業者に相談してください。夏の水のトラブルは業者に依頼して定期的なメンテナンスを行えば、前もって修理や交換ができるので、困ることになりません。水道管や蛇口の耐用年数を目安にし、経年劣化の心配がある場合は新品に交換しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ