水のトラブルで水漏れとともに多い詰まった時の対処法

水のトラブルに対処してくれる修理業者は日本全国に多数ありますが、いろいろな案件が持ち込まれます。その中でも多いと言われているのが、水漏れと詰まったという相談です。その中でも排水溝が詰まってしまうと、排水がうまくいかずいつまで経っても水が引きません。場合によっては逆流してしまい、どんどん水があふれだすこともあり得ます。もしこのように詰まった場合は、どうすればいいのでしょうか。実は家庭でも簡単にできる対処策がいくつかあります。もしもの時のために、どのような作業をすればいいのかを紹介します。いざというときの参考にしてみましょう。

■手元にあるもので解決できる可能性も

排水溝が詰まったら、専用の器具がないとダメではないか、このように思う人もいるでしょう。しかしもしかするとタオルとお湯を使って問題を除去できるかもしれません。まず排水トラップを取り外して、タオルを詰めて栓をします。そしてお湯をシンクの中にためていきます。お湯は70から80度のもので、シンクの6から8割までお湯を張ることができれば十分です。ここまで来たらタオルを引き抜いて、一気に排水溝にお湯を流します。初期段階であれば、これだけでも十分解消できます。ある程度流れが良くなってきたところで、パイプクリーナーや重曹できれいに洗浄をすれば、元通りに使用できます。

■ペットボトルを使った対処法

自宅に空になったペットボトルが何本かあるという人もいるでしょう。こちらを使って排水溝のつまりの水のトラブルを解消できる可能性もあります。まずは排水トラップを外して、ペットボトルと排水溝の口を合わせます。この時隙間ができないように密閉するのがポイントです。そしてペットボトルをペコペコ何度か押します。一通り作業が環椎できれば、ペットボトルを抜きましょう。空気を送り込むことで、詰まりの原因となっている異物を取り除けます。これだけでも、排水管にこびりついているガムなども十分はがせますから、一度やってみる価値はあります。

■まとめ
水のトラブルが起きた場合、専用の器具や専門知識がないと対処できないのではないか、このように思っている人もいるでしょう。しかし詰まった場合などでも、身の回りのものを使用して解決できる可能性も十分にあります。ただし中には対処法を講じてもうまくいかないこともあります。そのような場合には、水漏れなどの水道修理業者に連絡して、修繕をお願いするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ