水のトラブルが起きると困ること

■日常生活に支障をきたす

配管のどこかで詰まりを起こす、水漏れが発生するなどの水のトラブルはいざ実際に発生するとなかなか厄介です。水回りはいずれも日々頻繁に使用する箇所です。だからこそ水のトラブルが起きると日常生活の妨げになって困ります。特に注意したいのはトイレです。トイレが使用できないといっても、尿意や便意は生理現象ですから、我慢できるものではないです。隣に借りに行くとか、近くの公共施設に行って用を足すなどが必要になります。
お風呂場の場合でも体を洗うことができなくなり不便です。キッチンで発生しても困りものです。自炊をしている人は特に料理ができなくなります。このように途端に生活の利便性に支障をきたしかねないので、水のトラブルが何かしら発生したら、早めの対処が求められます。

■見えないところで発生して困る

蛇口やシンク下の配管などで問題が起きれば、目視できます。しかし水の流れは壁の向こうや床下など目に見えないところを走っている場合も珍しくありません。もしこのような見えない場所で漏れなどのトラブルが起きると、初期段階ではなかなか気が付けないところも困るポイントです。
漏れが発生する分、水道料金を余計に負担しなければなりません。また壁や床などにシミを作ってしまう恐れもあります。ひとたびシミができてしまうと、完全にきれいにするのは難しいです。さらに室内の湿度が上昇することでカビなどの細菌が繁殖しやすくなります。結果的に感染症やアレルギーなどの健康被害にまで発展してしまうことも考えられます。目に見えない配管でトラブルが起きていないか、水道料金の金額が大きく変わっていないか、シミなどができていないかをチェックすることが大事です。

■業者が休みになっていないかチェックする
水のトラブルが自宅で起きた場合、一部ナットの緩みを締めなおすなど素人でもできる対処法もあります。しかし下手にいじってしまうとかえって症状の悪化することも考えられます。そこでプロの業者に作業依頼するのが無難な方法です。業者に問い合わせる際、速やかに現場に急行できるかどうか確認しておきましょう。特にお盆や年末年始の場合、修理業者も長期の休みをとっていることも考えられます。連絡したけれども、自宅に来てくれるのは数日後というケースもあります。
一方修理業者の中には、年中無休で24時間対応しているようなところも見受けられます。突発的にトラブルが起きるとパニックになりかねないので、常日頃から困ったときにはどこに連絡すべきか、シミュレーションしておくとスムーズでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ