水のトラブルは困るもの、自分でできる予防を

ライフスタイルが多様化する現代社会において、それでも水が生活の中で欠かせないのはどの家庭でも共通でしょう。日常生活では、ごく普通に蛇口をひねれば水が出てきます。しかしもしここで何らかの問題が起こって水が出ない、水漏れが止まらなくなると困ることは間違いありません。このような水のトラブルは対岸の火事と思っている人もいますが、水道管や蛇口などは経年劣化しやすいものです。そのため長年同じものを使い続けていれば、寿命が来ていつ壊れてもおかしくありません。水のトラブルで困る事態を回避するために、自分でできる予防法について紹介します。

■詰まり対策にはネットを設置すること

トイレやキッチンの排水溝が詰まってしまって、水が逆流してしまうことはよくあります。逆流して、便器やシンクに水がどんどんあふれてくるとどうすればいいかとパニックに陥る人もいるでしょう。このような排水溝のつまりは、異物を流してしまうことが原因になっていることがよくあります。キッチンの場合、油汚れなどをそのまま流してしまって、それが排水管の中にこびりついて通り道が狭くなることがしばしばあります。このような排水溝のつまりを防ぐためには、ネットを設置して異物が流れ込まないようにするのが有効です。また俗にスッポンといわれる給水カップを使って定期的に掃除しましょう。そうすれば、まだ小さな段階でつまりを除去できます。水の逆流のような本格的なつまりを防ぐこともできるわけです。

■防水テープで水漏れ防止

ある時水回りの床を見てみると濡れていたということも起こり得ます。この原因もいくつか考えられますが、配水管やホースの接続部分が緩んでそこから水漏れが起きているかもしれません。その場合には、防水テープを接続部分に巻き付けましょう。多少緩んでもテープが隙間を埋める形になりますから、水がポタポタ床に落ちるようなこともなくなります。特にマンションやアパートの場合、床の濡れている状態を放置すると階下の住民の天井を濡らしてしまう恐れがあります。

■まとめ
排水ネットや吸引カップ、防水テープはホームセンターなどで普通に販売されています。このようなアイテムを使えば、水のトラブルが起きる確率を少しでも低減できます。本格的なトラブルが起きると、業者にお願いして修理を依頼するなど大掛かりが作業が必要になるかもしれません。修理費もかかってしまうため、自分でできるメンテナンスはしっかり行った方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ