レバー水栓で困る水のトラブルを解決するカートリッジの交換

■蛇口で起きる水のトラブル

困る水のトラブルがよく起きる場所として知られているのが蛇口です。蛇口は内部の部品の構成数が多く、複雑な構造をしています。水のトラブルが起きたときには、問題を抱えている各部品の交換の必要性が出てきます。パッキンのようなゴム製品もありますが、最近多くなってきているレバー水栓の場合、困ることにパッキンを交換すればなおるとは限りません。構造が異なるためで、分解する場合にも注意が必要です。
シングルレバーとも呼ばれ、構造は上端にレバーハンドルがついており、1本のレバーで操作するところが特徴です。その下にはカバーがあり、カートリッジが取り付けられて蛇口本体の吐出口へとつながります。この構造が重要で、水のトラブルを起こす場所のほとんどがカートリッジであることが多いです。本体の構造的な劣化が水のトラブルを招く場合もあるため、細かく調べて対処する必要があります。

■どこから漏れているのかで原因の判別

レバー水栓の場合、どこから漏れているのかで原因が異なります。レバーの根元から漏れてきているケースは、カートリッジが問題です。故障している状態で交換することで元のように使えます。
蛇口を見て本体の上部から漏れてきているときにもカートリッジが問題を抱えているケースが多いでしょう。しかし、本体自体の劣化が進み漏れてきている可能性も出てきます。構造的な問題も出てくるため、専門業者に依頼して交換してもらうのが現実的な選択です。
上からだけではなく、下部から漏れているときも同様です。この場合には、吐出口の取り付け部分にあるパッキンの劣化も考えられますが、ぽたぽたと吐出口から漏れてくる状況と同じ問題が考えられ、カートリッジの交換で済むこともあります。

■カートリッジの種類を調べ特定する
カートリッジの交換は、分解からはじめていきます。種類によっても違いますが、レバーの下側から細いマイナスドライバーなどを差し込めば外せます。ほとんどの場合にはモーターレンチを使って外すことになるため、用意が必要です。
カートリッジは、専用のものを使わなければならず、汎用品ではありません。解体して同じものを購入するのが一番ですが、レバー水栓にラベルが貼ってあれば、品番の特定ができます。ここからカートリッジの種類を割り出すことができるため、用意しておくのも方法です。特にインターネット通販で購入する場合には有効な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ