賃貸住宅の困る水のトラブル

■管理会社や大家に連絡する

賃貸住宅の場合、良心的な管理会社や大家の場合には、こちらから連絡をすればすぐに対応してくれることが多いでしょう。管理会社や大家の場合には、万が一水のトラブルが発生したときに備えて、連絡先の業者を決めていることが多くあります。水のトラブルはすぐに対応する必要があるので、いざというときに困ることがないように、どこに連絡をするのか知っておくことが大切です。できれば入居先を決めたときに、水のトラブルが発生したらどう対応するべきなのかを聞いておくとよいでしょう。契約書に定められていることもあるので、確認しておくことも大切です。
契約書に自分で対応するように書かれている、もしくは入居前に自分で対応するように説明を受けた場合には、当然自分で水道業者に連絡をする必要があるので、持ち家に住んでいる人と同様に、どこの業者を利用するべきなのか決めておく必要があります。

■事前の確認も重要

賃貸住宅に入居する場合には、すでに築数十年が経過していて、いろいろなところが劣化していることも珍しくはありません。通常は借りている人が退去したときに新しく部品の交換や設備のチェックをします。しかし、管理会社や大家によっては、きちんとチェックが行われていないこともあります。そうするとトラブルの原因になります。
トラブルにならないようにするには、入居した初日に水回りのチェックを行うのがよいでしょう。そうすれば万が一水のトラブルが発生していても、連絡をすればすぐに対処してくれるのが一般的です。水漏れは絶対に放置しておいてはいけません。なぜなら水漏れが原因で漏電する危険性もありますし、上階に住んでいる場合には、下の階の部屋にも被害を及ぼしてしまうことがあります。そうすると水漏れをしている部屋の人が賠償責任を負うことになる場合もあるので、速やかな修繕が必要になります。

■持ち家の場合には自分で依頼するようになる
賃貸住宅ではなく、持ち家であれば一軒家やマンションに限らず、自分で依頼をするようになります。持ち家であっても、マンションであれば管理会社がやってくれるのではと思う人もいるでしょうが、管理会社が対応してくれるのは共用部分であるロビーや玄関などに限定されることが多いので、こちらも契約書の内容を確認しておきましょう。
水のように必ず全員が使用している物であっても、私用の部分は自分で管理することが求められます。ただしタンクから水を供給している場合で、タンクに困るトラブルがあった場合に関しては、管理会社に連絡を入れると対応してくれるのが一般的です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ