トイレが詰まって起こる水のトラブルが困る

■トイレが詰まらないように予防できるのか

水洗トイレは、正常に使用していても紙などを一度に大量に流そうとすれば詰まって困るといった水のトラブルはよくあります。また、タンクレストイレは、水道から直接水を流し込む仕組みのため、水圧の影響を受けやすいです。そのため、水圧が不足していると十分に流しきることができません。タンクタイプの場合も、誤った節水方法によりタンクの中に重りを入れるなど、意図的に水の量を減らしていれば、同様に流し残しが発生する原因となります。トイレには便器の形は排水管の太さによって適切な水量が設計されています。流し残しの蓄積による詰まりを防ぐためには一度に流す量を小分けにする、タンクに異物を入れないといったことが大切です。

■トイレに流してはいけないもの

基本的に人間の排泄物とトイレットペーパー以外のものは流さない方がつまり予防のためになります。たとえ水に溶ける商品でも、お掃除シートやペット用のトイレ砂、シーツなどは流れにくいです。
絶対に流してはいけないものの代表例としてティッシュがあります。またウェットティッシュやおしりふきは濡れても破れにくいため分解されません。生理用品やおむつなどの吸水性のあるものは、膨らんで排水管を塞いでしまいます。もし誤って落とした場合はすぐ拾ってください。
また、食べ残しや嘔吐物も実は流してはいけません。消化されていない状態では油脂を多く含んでおり、流すと冷えて固まるために汚れやつまりの原因となります。ビニール袋などに密封して可燃ごみとして処分するなど、正しい知識を得ておかなければなりません。

■給水管の水漏れは何が原因か
トイレは、給水管が何らかのトラブルで水漏れの原因になって困ることもあります。一番の原因となる可能性が高いのが劣化です。新しい状態だと便器が詰まるトラブルが多いですが、給水管は劣化で起こることが多いことを覚えておいてください。もし故障すると管だけでなく止水栓から水が漏れてしまう原因も出てきます。早期に気づかなければ床が濡れてしまうだけでなく、トイレの壁にも水が染みこんでシミが出来てしまいます。そのまま水漏れを放置していると床や壁にダメージを与えてしまうので注意してください。そうならないためにも早急に水漏れの修理をしてくれる業者を呼んで給水管の修理をしてもらうことで、室内の被害の拡大を防ぎ、水のトラブルが解決できて1日も早く使うことができるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ