トイレの水のトラブルで困るのは水漏れだけではない

■生活に不可欠なトイレが使えない

日常的に使う設備は家庭の中にいろいろとありますが、その中でもトイレは1日に何度も利用する場所です。水のトラブルが起きると、その生活に影響を与え、困る状況になるのは、ほかの設備よりも色濃く出る部分です。トイレを快適に利用できるように設備も工夫されてきましたが、ひとたびトラブルが起きれば大変重大な事故にもつながります。
水洗トイレの場合には、水道から水の供給を受け続ける設備であり、多くの水を使います。この水が漏れてくるような事態になると、大きな被害につながる場所です。できるだけ早く復旧を目指すためにも、専門業者に依頼するのも大切な選択です。

■床下に流れ出すことによる被害

トイレの水のトラブルにもいろいろなものがありますが、大量に水が流出してしまう状況は大きな問題です。水道管とつながっているため、どんどんと供給されていきます。困るのは、この水が止まらない状況は床を濡らすだけでは済まないからです。流れ出た水は、床から流れる場所を求めていきます。わずかなすき間ができていれば、そこから低いほうへと流れだてしていくため、集合住宅では下の階へと被害を広げます。戸建てでも床下へと流れていけば、底にたまってしまうこともあるため、被害は水漏れだけに留まりません。
湿度が高い状態が続くと、建物の構造的にもダメージを与えます。カビなどの健康被害もでてくるため、修理の範囲もリフォームのレベルまで大きくなるでしょう。費用的にも、莫大な金額を用意しなければいけないため、早めの対応が必要です。

■建材への被害も大きくなる
水漏れの量が多くなってしまうと、便器の周りから床下まで汚水がしみこむなど建材に対する被害が出てきます。周囲に貼られている壁紙にも吸い込まれ傷みが出る可能性があります。水に濡れた建材は、そのまま乾燥させて済むわけではありません。水に弱い建材も多く、一度大量に水を吸い込むと、膨張してしまい傷みが出るものがあります。壁紙などは交換しなければならなくなります。水分をふき取り乾燥させることでカビなどは防げても、ゆがみが発生したり接着がはがれたりする可能性があるでしょう。床材の交換も必要となれば、修理費用は高くなってしまいます。
トイレのトラブルは、被害の大きさから考えても、できるだけ早く回復させる方法が必要です。自分で対処が難しいと感じたときには、そのまま無理をしたりしないで、専門業者に家の修理を依頼して被害を食い止めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ