トイレの水のトラブルは困る!原因や対処法を紹介

■水のトラブルで多いトイレ

水のトラブルで困るケースとして多いのが、トイレが詰まって水が逆流することや、水漏れです。水回りのトラブル例として多いのは部品の経年劣化ですが、トイレについては部品に関係なくトラブルが多発しやすい特徴があります。
詰まりは不溶性の高いものを流すことによって起こり、大量のトイレットペーパーを一気に流してしまうことやクリーナーが原因になる場合も珍しくありません。水圧低下で水を流す勢いが弱い場合も詰まることがありますが、タンク内の部品が故障することもあります。
トイレの故障は、前兆を伴うことが多いのも特徴です。トイレから異音がする場合や、便器内に溜まっている水が通常に比べて少ない場合や多い場合は注意しましょう。異変に気付いた場合は、そのままにすると状況が悪化して困ることになるので早急に対処が必要です。

■水漏れの対処方法

トイレでトラブルが発覚した場合、最初に止水栓を閉めましょう。止水栓はトイレタンク回りにあり、止水栓を止めるとタンクに水が行かなくなるため、水漏れがひどくなるのを防げます。その後の作業や確認もしやすくなるので、異変に気付いたら早急に水を止めることが大切です。
水漏れの対処方法は、自分で修理する方法と、水道業者や水回りのプロに対応してもらって修理する方法もあります。簡単な部品交換で済む場合だと、自分で部品を購入して直す方法もあります。
原因を追及してきちんと修理したい場合は、実績があり、細かいところまでチェックしてくれるプロの業者への依頼がおすすめです。無料点検で対応してくれる業者もあるので、無料サービスを上手に活用して対応を考えましょう。

■自分で修理は水のトラブルがさらに悪化する可能性がある
少しでも修理費用を抑えたくて、自分でトラブルを解消しようとする人も多いです。部品はホームセンターやネット通販で入手可能で、直し方もネットで公開されているので、以前に比べると自分で直しやすい環境は整っています。しかし、トイレで起こるトラブルは原因が複数ある場合もあり、多くの部品が劣化していることや、まったく違う部分が故障して、直さなければならない場所がさらに増えてしまうといったこともあるので注意が必要です。
コストを削減しようと自分で修理しても、すぐに同じ箇所でトラブルが発生し、さらなる修理が必要になっては意味がありません。最初から専門の業者に依頼しておけば安心です。無料相談に対応している業者もあるため、まずは相談してみることがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ