蛇口を締めても水が止まらない、こんな水のトラブルの原因は?

水のトラブルにはいろいろなものがありますが、その中でも水が止まらないという悩みはしばしば耳にされます。蛇口をしっかり閉めているにもかかわらず、それでもポタポタたれてしまうこともあるでしょう。もし四六時中水が止まらない状況が続いていると、それだけ水道利用したことになって、料金も上がってしまいます。本来不要なはずのコストを余計に負担することになってしまい、非常にもったいないことです。もしこのような水のトラブルが起きているのなら、早めに対策を講じることが大事です。なぜこのような水漏れが起きるのか、業者にお願いする前にどんな準備をすればいいかについて解説します。

■なぜポタポタ水がたれるのか

蛇口の中を開けてみると、いろいろなパーツによって構成されていることがお分かりになるでしょう。このパーツの中の一つに、スピンドルというものがあります。ハンドルやレバーの調整をするために欠かせないものですが、長年使い続けていると劣化してしまいます。最悪の場合、破損を起こすこともあり得ます。ネットでは長年使い続けたスピンドルの画像もいろいろとアップされています。さび付いてしまったり、摩耗したりしていますが、このような状態になると、しっかり蛇口を締めていても水の通り道を100%完全に密封できなくなります。わずかなスキマを縫って水分が漏れ出てしまって、ぽたぽたと水漏れが起きてしまうのです。その他にはレバータイプの場合、カートリッジのゴム部分の劣化、バルブの故障の可能性も考えられます。

■業者に頼んだらまず行うべきこととは

もしこのようにしっかり蛇口を締めたつもりでも水流が止まらないというのであれば、できるだけ早く業者を呼ぶようにしましょう。そして必要に応じて修理をすることです。この時、元栓を閉めておくことが大切です。元栓を閉めておけば、水の流れを一切止められるのでポタポタたれるようなこともなくなりますし、水道代の無駄遣いも予防できるからです。

■まとめ
水のトラブルの中でも、このようにポタポタ水漏れしている事例は結構起こりがちです。それほど日常生活で不具合はないかもしれませんが、余計に水道代を負担することになり、もったいないことになります。もしこのような症状に心当たりがあれば、すぐに修理業者にお願いしましょう。パーツの交換など、専門的な技術が必要になるためです。中には24時間、365日出動に対応しているところもあり、すぐに現場に作業員が急行してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ